1. トラディショナル ウェザーウェア公式 TOP
  2. >
  3. Traditional Weatherwear x STYLIST 福田麻琴 Vol.2

STYLIST 福田麻琴
「冬ってコートが楽しい」 2/5

いよいよ寒い日が増えてきて、
コートが恋しい季節になってきました。
人気スタイリスト福田麻琴さんと一緒に
今季のトラディショナル ウェザーウェアでおすすめしたい
5つのコートの魅力を紐解く、連載の第2回目。
今回も、麻琴さんがオススメするコーディネートを、
今人気急上昇中のモデル在原みゆ紀さんが着こなします。

今回のコート
キルティングコート
"ARKLEY with ZIP /アークリージップ"

トラディショナル ウェザーウェアの中でも
圧倒的な人気を誇るベストセラーのノーカラージャケット
ARKLEY/アークリー。
それをベースに今年らしくアップデートされた
新型ARKLEY with ZIPは、身幅や袖幅などに
ほどよく
ゆとりをもたせ、フロントをジップアップにすることで、
よりこなれ感とスタイリッシュさが加速。
オーセンティックながら今の気分を反映した
ヘチマキルティングや、さりげない光沢が高見えする
細畝コーデュロイ素材など、
着るだけでサマになる要素が満載!

「ずっと長らくロングコート一辺倒でしたが、
トレンド的にも今年はショート丈コートが復活の兆し。
コートに求めるものも、より軽快で、エフォートレスで……
ちょっとアクティブに楽しみたい気分なのかもしれません。
このキルティングコートは、まさにぴったりな一枚。
ヘチマ柄のキルティングは、私のおしゃれにも欠かせない
ミリタリーにルーツがあるもの。コーデュロイ素材も相まって
ショート丈ながら防寒力は十分。ちょっとビンテージライクな
ブラウンも、ありそうでない一枚。
秋から冬にかけて
大活躍間違いなしです」
by MAKOTO

Cordinate 01

秋冬だからこそ楽しめる
異素材レイヤードを満喫したい

「ショート丈コートの魅力のひとつに、
パンツはもちろんどんな丈のスカートであっても
バランスに悩まなくていいというのもあると思います。
ボトムスを選ばなければ、手持ちのどんなアイテムとも
合わせられる=いろいろなおしゃれが楽しめる!
一年の中で一番マテリアルが多彩に揃う秋冬は、
その合わせ次第でいろいろな印象になれるから。
この温かみのあるコーデュロイ素材に、
あえて表面感が対照的なエコレザーのスカートを。
足元もタイツと内ボアサンダルを合わせるなど
異素材を重ねると、ワントーンスタイルに奥行きが
生まれます。赤ニットとマフラーで
色を効かせたのもポイントです」

Cordinate 02

ボーイッシュという選択肢が
オシャレの幅を広げてくれます

「いつの時代も変わらない魅力を放つブラックウォッチ。
私も大好きなチェック柄のひとつです。
そのブラックウォッチのシャツとパンツのセットアップは、
ちょっとボーイッシュで、ジェンダレスな魅力を放っています。
シャツのボタンを上までしっかり留めたらきちんと、
ちょっと襟を抜いて着たらリラクシーにも、
着方次第でいろいろな表情に。
今年ならこんな風に白のタートルカットソーを
合わせるのも気分です。
ちょっと上品見えするから、端正なコートもちろん合いますが、
あえて軽快さのあるキルティングコートを合わせて、
アンバランスさを出すのも新鮮。
これはさりげなくツヤ感のあるコーデユロイ素材だから、
カジュアルになりすぎないのもいい」

MIYUKI’S EYE

「ミリタリー好きなので、キルティングコートも大好物です。
ヘチマキルティングは丸みを帯びたステッチなので、
メンズライクになりすぎないところもいいですよね。
これはポケットの中もふかふかだったり、着心地も抜群。
着た時の心地よさってやはり大事だなと思いました」
BY MIYUKI

PROFILE

  • 福田麻琴さん

    「LEE」「VERY」など数多くの女性ファッション誌をはじめ、
    広告、CM、カタログなどで幅広く活躍する人気スタイリスト。
    ベーシックを軸に今の気分を程よく取り入れてた
    スタイリングが得意。
    抜群の審美眼とモノヘの愛が深く、
    語れるスタイリストとしても引っ張りだこ。
    「ただ着るだけでおしゃれになる ワンツーコーデ」(西東社)
    など著書も多数。

    インスタグラム@makoto087

  • 在原みゆ紀さん

    ファッション誌はもちろん、CMや広告などで幅広く
    活躍するモデル。
    自他共に認める古着通。
    ファッションスナップの常連で、抜群のセンスが光る
    その私服スタイルにもファンが多い。
    自転車と餃子をこよなく愛す、飾らない人柄で好感度大。

    インスタグラム@ariharamiyuki

STAFF

  • STYLING/MAKOTO FUKUDA
  • PHOTO/YUTARO YAMANE
  • HAIR&MAKE-UP/KEITA IIJIMA (mod's hair)
  • MODEL/MIYUKI ARIHARA
  • EDIT/YUKIKO TSUKADA
Scroll Top