1. トラディショナル ウェザーウェア公式 TOP
  2. >
  3. Traditional Weatherwear x Myuki Arihara Vol.2

おさんぽ DAY2
浅草街探索と
餃子ランチ

春のお出かけ陽気に誘われて、
さぁ今日も東京下町さんぽに出かけませんか?
人気モデルの在原みゆ紀さんと一緒に
東京の下町をめぐるおさんぽ企画。
第2回目は、下町といえばの浅草、浅草寺の周辺へ。
こんな時にもぴったりな、トラディショナル ウエザーウエアの
おすすめコーデも一緒にご紹介します。

  • お天気がいいから
    雷門から浅草寺へと続く
    仲見世通りをふらふらと。
    これといって当て物もなく
    あちこち寄り道がなんだか楽しい。
    古き良き街並みや
    時折、着物姿の人や
    人力車とすれ違ったり
    日常とは少し違う景色に
    ちょっとワクワク。

  • お天気がいいから
    雷門から浅草寺へと続く
    仲見世通りをふらふらと。
    これといって当て物もなく
    あちこち寄り道がなんだか楽しい。
    古き良き街並みや
    時折、着物姿の人や
    人力車とすれ違ったり
    日常とは少し違う景色に
    ちょっとワクワク。

MIYUKI’S COMMENT

デニムONデニムは
プライベートでもよくする大好きなスタイルです。
これはまるでロールアップしているかのような
裾の切り返しが面白い。
ジャケットはちょうどいいハリ感で、アウターとしても、
上にさらに羽織っても着られるから、重宝しそう。色味も絶妙。
ライトブルー過ぎても若く見えすぎる時があるし、
濃過ぎても肌馴染みとのバランスが気になるけれど、
これは丁度いいですね。

行く先々で絶対にある
街の中華屋さん。
そこで、大好物の餃子とビール。
そしてチャーハンがあれば、もうご機嫌。
厨房からの熱気と
気さくなお父さんとの
何気ない会話も心地いい。
美味しくて、たくさん食べて、
もうお腹がパンパン。
そして、ちょっと眠くなる。
あぁ、幸せ。

MIYUKI’S COMMENT

発色がきれいなグリーンベースに
ブルーのパイピングが目をひくチルデンニット。
そこにあえてブルーのシャツのコーディネートを合わせた
カラーレイヤードが新鮮。とっても可愛かったです。
このトラディショナルなスタイルに、
あえてリラクシーなスエットパンツを合わせたのもツボ。
私自身持っているアイテムばかりだったので、
こんな風に組み合わせて着てもいいのか!と
参考になりました。

今回訪れたのは・・・

  • 太陽
  • 東京都台東区浅草3-42-4
  • TEL 03-3873-1412

PROFILE

在原みゆ紀さん
ファッション誌はもちろん、CMや広告などで幅広く活躍モデル。
自他共に認める古着通。
ファッションスナップの常連で、抜群のセンスが光るその私服スタイルにもファンが多い。
自転車と餃子をこよなく愛す、飾らない人柄で好感度大。
インスタグラム@ariharamiyuki

STAFF

  • PHOTO/NOBUKI KAWAHARASAKI
  • STYLING/KAHO YAMAGUCHI
  • HAIR&MAKE-UP/YOKO YOSHIKAWA
  • MODEL/MIYUKI ARIHARA
  • EDIT/YUKIKO TSUKADA
Scroll Top